旭電業 RECRUIT

ENTRY

STAFF INTERVIEW

責任の大きさを実感

施工管理

髙畠 一樹

TAKABATAKE Kazuki

旭電業に入社しようと思ったのは?
大学での専攻を活かせば自動車関連の仕事を選ぶこともできましたが、自分の将来を考えたとき、私たちの生活に欠かすことができない電気の知識や技術を身に付けた方が良いと感じ、入社を決めました。
具体的にどんな仕事をしていますか?
上司や先輩に相談しながら、小規模な工事の現場代理人として施工管理の仕事をしています。
現場代理人とは、簡単に言えば、当社が工事を行う現場において「社長の代理」の役割を任された責任のある重要な仕事です。
お客様などと工事内容を確認したり、また、協力会社の皆さんと工事の進め方を相談したりなど、私が担当する工事に関係する様々な人とコミュニケーションを図りながら、お客様が求めている工期にあわせて、一丸となって工事を進めていくキーマンでもあります。
入社後に、苦労したことは?
電気のことは何もわからないままに入社したので、入社し、研修後に先輩のサポートとして担当した現場では、とても不安を感じましたね。また、現場で一緒に働く作業員の皆さんとどうやって接すれば良いかもわからず、戸惑うこともたくさんありました。でも、自分から積極的に周りの皆さんに話しかけていると、気心も知れて、様々なアドバイスをもらえるようになり、少しずつ現場での不安はなくなっていきました。

仕事に対して、楽しさや喜びを感じるのはどんな時?
私が現場代理人として担当した保育園の前を通りかかったとき、「子供たちが笑顔で元気に」遊んでいる姿を目にしたときは、うれしさと私が選んだ仕事はまちがいなかったなぁと感じましたね。
旭電業はどんな会社ですか?
年齢や経験に関わらず、公平にチャンスを与えてくれる会社だと感じていますね。自分自身が目的をもって、チャレンジしていれば、周囲も温かく見守って、手助けしてくれる会社です。心優しく気さくな先輩達に囲まれ、のびのびと働ける職場だと感じています。
自分が思い描く将来の自分像は?
何をおいても「1級電気工事施工管理技士」資格を取得すること!
一日でも早く、会社を代表する大型工事の現場代理人を任されるように、今後も、チャレンジし続けたいと思っています!!

その他のインタビュー

  • がんばった分だけ評価される職場

    施工管理

    課長

    繁田 通宜

    SHIGETA Michiyoshi

  • 新しい仕事に挑むおもしろさが

    施工管理

    係長

    山下 修治

    YAMASHITA Shuji

  • 責任の大きさを実感

    施工管理

    髙畠 一樹

    TAKABATAKE Kazuki

  • 未来への期待をふくらませて

    施工管理

    課長

    大口 憲一

    OOGUCHI Kenichi

  • 私たちにしかできない仕事

    配電線

    係長

    髙坂 英明

    KOUSAKA Hideaki

  • 見えてきた設計という仕事の奥深さ

    設計

    課長

    森谷 均

    MORIYA Hitoshi

  • 設備図から芽生えた電気への興味

    積算

    藤原 華音

    FUJIWARA Kanon