旭電業 RECRUIT

ENTRY

STAFF INTERVIEW

がんばった分だけ
評価される職場

施工管理

課長

繁田 通宜

SHIGETA Michiyoshi

旭電業に入社しようと思ったのは?
地元岡山での就職を考え、岡山で電気関係の求人を探していたところ見つけたのが当社でした。大学の専門課程で専攻していたこととは異なりますが、電気の基礎的な知識を生かせばなんとかなるという気持ちもあり、入社しました。
具体的にどんな仕事をしていますか?
いまは、当社が受注する主に大型工事の現場代理人として施工管理をしています。
具体的な業務は多岐にわたり、施工計画の策定・原価の管理・安全管理・品質管理・工程管理・協力業者の手配等、お客さまのご要望に従って工事が計画通りに進んでいるかどうか全体を俯瞰しながら管理する仕事です。
もちろん、現場の先頭に立って職人さんを指揮することも仕事の一つですが、お客さまや協力業者の皆さんとの打ち合わせに多くの時間を充てるため、コミュニケーション能力が問われる仕事でもあります。
私が所属する東京支店の工事は、当社内でも工事規模が大きく、1~2年ごとの工期でさまざまな工事に携わっています。

仕事に対して、楽しさや喜びを感じるのはどんな時?
人と人とのつながりが大事な仕事です。協力業者の皆さんと協力して自分たちが日々積み重ねた仕事が実を結ぶこと、工事を行った設備が一斉に動き出す瞬間の緊張感と達成感は忘れることはできません。苦しい思いをした仕事ほど、終わったときの感動は大きく感じるはずですから。
また、お客さまに「いい仕事をしてくれた」と言っていただけるとうれしいですし、社員としては、事前の予算計画より大きな利益率を出せた時などは、ちょっとした充実感を感じることもありますね。
旭電業はどんな会社ですか?
この会社は、若くても「任せてくれる」ということは実感しています。積極的に現場で活躍する人には、がんばったらがんばった分だけ評価もしてもらえます。私もそうでしたが、若いうちは経験が少ない分、失敗もあるかもしれません。しかし、それをフォローする先輩も多いです。安心して働けるはずです。
自分が思い描く将来の自分像は?
地元岡山での就職を希望しながら、東京勤務になっていますが、いまは満足しています。私自身、先輩の姿をみて教わりながら、自分で考え工夫をして仕事を覚えてきました。後輩やこれから入社いただく皆さんに、私の姿を見て成長してもらえるよう、これからもいい仕事をしたいと思っています。
私は、勤務地が変わっても置かれたその場で皆さんと協力して「いい仕事」をし続けたいと思います。東京以外のエリアで必要とされることもあるかもしれませんし、数年先には、地元岡山に貢献したいと願う気持ちも持っています。

その他のインタビュー

  • がんばった分だけ評価される職場

    施工管理

    課長

    繁田 通宜

    SHIGETA Michiyoshi

  • 新しい仕事に挑むおもしろさが

    施工管理

    係長

    山下 修治

    YAMASHITA Shuji

  • 責任の大きさを実感

    施工管理

    髙畠 一樹

    TAKABATAKE Kazuki

  • 未来への期待をふくらませて

    施工管理

    課長

    大口 憲一

    OOGUCHI Kenichi

  • 私たちにしかできない仕事

    配電線

    係長

    髙坂 英明

    KOUSAKA Hideaki

  • 見えてきた設計という仕事の奥深さ

    設計

    課長

    森谷 均

    MORIYA Hitoshi

  • 設備図から芽生えた電気への興味

    積算

    藤原 華音

    FUJIWARA Kanon